ホームシアターとオーディオ

 

スポンサー広告

TOSHIBA ハイビジョンレコーダー VARDIA

□□ 東芝 ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」

「RD-X9」、「RD-S1004K」、「RD-S304K」、「D-W250K」

RD-X9
発売時期:2009年9月上旬
実売想定価格:120,000円
RD-S1004K
発売時期:2009年9月上旬
希望小売価格:90,000円
RD-S304K
発売時期:2009年9月上旬
希望小売価格:70,000円

東芝はハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品3機種「RD-X9」、「RD-S1004K」、「RD-S304K」を9月上旬から発売します。
本モデルは、内蔵ハードディスクに加え、1台当たり最大2TBの外付けUSBハードディスクを8台まで増設して録画することが可能です。また、外付けハードディスクへの録画も「ダビング10」に対応してます。

製品概要
1.RD-X9 :2TバイトHDD内蔵の最上位機
2.RD-S1004K :1TバイトHDD内蔵の上位機
3.RD-S304K :320GバイトHDD内蔵の中上位機
4.D-W250K :250GバイトHDD内蔵のVTR一体型

2TBのHDD容量:RD-X9
RD-X9は2TBのHDDを内蔵。地上デジタル放送をハイビジョン解像度で最大で約1,322時間、無劣化のTSモード時でも最大で約259時間の録画を可能とした。さらに標準画質の場合、約3,580時間の録画が可能だという。
地上デジタル放送の場合、RD-S1004Kは最大約660時間、RD-S304Kは最大約210時間の録画ができる。

USB外付けHDD増設に対応
RD-X9はHDD容量が2TB、RD-S1004Kは同1TB、RD-S304Kは同320GB。
この3モデルは、業界で初めてUSB外付けHDD増設に対応。1台あたり最大2TBのUSB外付けHDDを8台まで使用可能で、USBケーブルで接続するだけで手軽に録画容量を増やすことができる。
また外付けHDDへの直接録画も可能なため、内蔵HDDも余裕を持って使用することができる。

高画質化技術の採用
高画質化技術「XDE」に、新たに輝度と色の境界の立ち上がり波形を改善するアルゴリズムを追加。これにより、DVDソフトの映像がハイビジョン並みの高画質で再生可能になり、デジタルハイビジョン放送の画質をより向上させた。
RD-X9は色解像度を拡張した「ディープカラー」に対応し、「グラデーションスムージング」機能を搭載。階調が足りないコンテンツでも滑らかな質感での映像再生を可能とした。

D-W250K
発売時期:2009年9月中旬
実売想定価格:60,000円

VTR一体型のハイビジョンレコーダー:D-W250K
 D-W250KはVTR一体型のハイビジョンレコーダーで、HDD容量は250GB。ただし、外付けHDDには対応しない。VTR一体型とすることで、VHSテープからDVD/HDDへのダビングが可能となり、これまで録りためたVHSを手軽にデジタルデータへ変換できる。

□□□□□□□□□関連情報□□□□□□□□
□ニュースリリース⇒東芝ヴァルディア(VARDIA)
□メーカーのホームページー⇒
・「RD-X9」
・「RD-S1004K」「RD-S304K」
・「D-W250K」

□□□□□人気ブログランキングサイト□□□□□
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 人気ブログランキングへ

Comment

2009.09.18 Fri 08:15  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hogwood.blog42.fc2.com/tb.php/53-40b138f4

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Google検索

スポンサー広告

スポンサー広告

カテゴリー

楽天ショッピング

お気に入り商品

RECARO

Copyright © ホグウッド