ホームシアターとオーディオ

 

スポンサー広告

PIONEER BDP-LX52

□□ パイオニア ブルーレイディスクプレーヤー BDP-LX52

発売時期:2009年5月下旬
希望小売価格:88,000円

BDP-LX52は上位機種のBDP-LX91、BDP-LX71の技術を受け継いだモデルになります。 今日現在の実売価格はBDP-LX71より15,000円位安くなりますが、 一部BDP-LX71を凌駕した部分もあり中級プレーヤーとしては人気のモデルです。

ロスレスサラウンドフォーマットに対応
ブルーレイディスクフォーマットで定められた高品質マルチチャンネルオーディオフォーマットであるドルビー TrueHDやDTS-HD マスターオーディオといったロスレスサラウンドのビットストリーム伝送に対応、これらのオーディオ信号に対応するAVアンプ等とHDMIケーブルで接続することにより、CD以上の音質でマルチチャンネル音声を再生することが可能です。
尚、アナログマルチチャンネル音声出力端子は搭載してない。


BDP-LX52の背面部。
LX71には搭載していたアナログマルチチャンネル
音声出力端子は省かれている。

「PQLSマルチサラウンド」対応
PQLS(Precision Quartz Lock System)はパイオニアが開発したジッターノイズを低減技術で、BDP-LX91/71ではHDMI接続によるリニアPCM音声のPQLS伝送は2chのみの対応であったが、本機は同社のAVアンプ「VSA-LX52」と組み合わせることにより、CDのみならずDVDやBDのマルチチャンネル音声でもジッターノイズを低減した信号伝送を実現できる。

高画質映像の実現
HDMI端子は1系統搭載し、48ビットのDeepColor出力や1080/24p出力に対応する。なお、映像の内部処理は12ビットで行われ、最終段で16ビットにして出力する。同社のフラグシップ機「BDP-LX91」は内部処理も16ビットで行っている。1080/24p出力機能に対応し、ブルーレイディスクの1080/24p出力機能やDVDの1080/60pアップスケーリング出力に対応しまし。またBD-ROM Profile ver.2.0に対応し、BD-LIVEの再生も可能。

同時発売のPIONEER BDプレーヤー。
・BDP-320:オープン価格(市場価格:33,000円)
・BDP-120:オープン価格(市場価格:23,000円)

□□□□□□□□□関連情報□□□□□□□□
□メーカーのホームページー⇒PIONEER BDP-LX52
□関連記事⇒PIONEER AVマルチチャンネルアンプ VSA-LX52

□□□□□人気ブログランキングサイト□□□□□
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 人気ブログランキングへ

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hogwood.blog42.fc2.com/tb.php/47-bceb98de

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Google検索

スポンサー広告

スポンサー広告

カテゴリー

楽天ショッピング

お気に入り商品

RECARO

Copyright © ホグウッド