ホームシアターとオーディオ

 

スポンサー広告

YAMAHA AX-V765、AX-V1065

□□ ヤマハ 7.1ch DSP AVアンプ AX-V765、AX-V1065

発売時期:2009年6月下旬
希望小売価格:84,000円
発売時期:2009年7月下旬
希望小売価格:110,250円

フルHD対応AVアンプの上位モデル「AX-V765」「AX-V1065」は、2008年に発売された「DSP-AX763」 「DSP-AX863」の後継機種になります。 また、「AX-V1065」は「AX-V765」のカスタムチューンモデルになり、「DSP-AX863」と同じ位置付けのモデルになります。

前モデル(「DSP-AX763」 「DSP-AX863」)から変更された機能
・「高さ」方向の音場の広がりまで再現する、ヤマハ独自の3次元音場再現技術「シネマDSP <3Dモード>」に対応。

3d dsp シネマDSP<3Dモード>の再生にはプレゼンススピーカーが必要です。


・テレビやレコーダーなどとの連携操作が行えるHDMIによるリンク機能を搭載。業界最多の6メーカー(パナソニック、東芝、日立製作所、シャープ、三菱電機、ソニー)製テレビやレコーダー(一部機種を除く)に対応したリンク機能により、テレビ側リモコンの操作でテレビと連携して本機の電源ON/OFFと音量調整、入力切替が行える。
・基板構成、要パーツを見直すことによってレンジが広く、SN比も向上させている。
・高性能ビデオアップスケーリング機能を採用することで、 DVDソフトなどの480p(SD画質)の映像信号をハイビジョン映像に迫る、1080p信号に変換して出力できます。従来のDVD再生で気になった映像のぼやけ感を解消し、細部のディテールまでクリアに再現します。

カスタムチューンモデルAX-V1065の主な特長
・DSP-Z7に採用したウルトラロージッターPLL回路を内蔵したことによってデジタル音声の音質劣化の原因となるジッターの発生を排除しています。
・回路のローノイズ化を徹底し、静寂さや微妙な音のニュアンスの再現がより際立ち、音の実在感と臨場感を高めています。
・また各種抵抗やコンデンサーも音質を吟味した選別パーツを随所に使用し、個々の部品による固有の色づけを排除。

YAMAHA AXシリーズの全ラインナップ
AX-V465:49,350円
AX-V565:61,950円
AX-V765:84,000円
AX-V1065:110,250円

□□□□□□□□□関連情報□□□□□□□□
□メーカーのホームページー⇒YAMAHA AX-V765
□メーカーのホームページー⇒YAMAHA AX-V1065

□□□□□人気ブログランキングサイト□□□□□
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 人気ブログランキングへ

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hogwood.blog42.fc2.com/tb.php/28-1a04ac55

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Google検索

スポンサー広告

スポンサー広告

カテゴリー

楽天ショッピング

お気に入り商品

RECARO

Copyright © ホグウッド